読書検定委員

読書検定委員とは、ビジネスエグゼクティブキャリアカンファレンス株式会社が選定した委員。
尊敬できる先輩(簡単には歩むことが出来ない道を歩まれた方)に、その人生の中で影響を受けた本を推薦していただきました。

小林 昇太郎

略歴

高校
広島市立沼田高等学校
大学
東京経済大学 経営学部、 立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科
会社
LUFTホールディングス(取締役)
韓国ソウル市(諮問官)
船井総合研究所(主任)
三菱伸銅(主任)
大倉商事(役職無)
軌跡

推薦者コメント

作成中です

本人コメント

仕事柄海外を訪れる機会が多く、その中でも10年間に渡り中央アジアを行き来する中で、遠く離れた地から日本をそしてその周辺国を視る機会を多く得ることができたことは私のアジアを含めた海外への見方を大きく変えるきっかけとなった。一つに、中央アジアと日本は離れているようで実は歴史の中で日本の先人たちによりその地域と深くつながっていることの発見、また、遠い地に立ち、そこから日本とその周辺国を視る中で、これまでの国境という概念ではなく地域という視点でアジアを視るようになり、そのことは、韓国、中国、東南アジアと言った周辺の諸国への関心だけでなく、改めて自分が生まれ育った日本という国への興味関心、そして我々の「あり方」を考えることにもつながっている。    

未来へのメッセージ

①仕事でも遊びでも良いので国内、海外、色々な場所に行ってみる                ②行くことでのみ得られるその土地への愛着、人、歴史への興味関心を感じる機会を多く持つ    ③その機会と合わせ、そこから生まれる知的好奇心を持つこと、それを満たす手段として読書を活用  ④経験とそこから生まれる興味関心によりなされる読書はあなた自身の知的好奇心を満たし、人生を豊かにすることを実現させる

推薦図書