読書検定委員

読書検定委員とは、ビジネスエグゼクティブキャリアカンファレンス株式会社が選定した委員。
尊敬できる先輩(簡単には歩むことが出来ない道を歩まれた方)に、その人生の中で影響を受けた本を推薦していただきました。

羽舞 咲

略歴

高校
大学
横浜国立大学
会社
Prestige Model Management Inc.(モデル・クリエイター)
ゆるゆるビューティー研究所(主宰)


軌跡
ハーブヨガインストラクター

推薦者コメント

モデル・ハーブヨガ講師・美体幹トレーナーという3つの肩書きをお持ちの女性。 いつも言動が知的で自然体。やわらかな雰囲気に満ち溢れています。 聞けば新卒から一貫して寝る間を惜しんで仕事に打ち込み、過労で倒れてから今の自分があると。 物腰はやわらかですがご自身の明確な「軸」があるのでそんなカッコよさに惹かれる人も多いのでは。 視野が広くみずみずしい感性を通して培った人生観を、一度ゆっくり聞いてみたいと思っています。

本人コメント

チャレンジすること、極めること、妥協しないこと…大事なことではありますが、 がんばりすぎて、心身のバランスを崩し、気力・体力が一旦ゼロにリセットされて休息した2011年。 それから自分の人生に初めて真剣に向き合い、わかってきたのが“ちょっとゆるめる”といろいろうまくいくこと。 1冊目の「ふたつめのボールのようなことば。」には、「最初に『うまくやらない』と決める。 (うまくできっこないのだから)」「ぎゅっと集中も大事でしょうが、ぽわっと漠然も大事だぜ。」 こんな言葉がたくさんあるんです。 そして、2冊目の「即答力」には、ベーシック(基本的なこと)が、長い目で見ると一番大事であることが短い言葉で書かれています。                                                      自分が生き方を変えると、出会う人々も変わってきます。 「軸」となるベーシックを大事にしつつ、ゆるさ、柔らかさ、ユーモアのある人… 今まわりにいてくれる友人たちや、素敵だなと思うのはこんな人。 わたしもそんな風に生きたいと思っています。

未来へのメッセージ

たくさんの人の人生に触れてみてください。 「なぜこの人はいつも笑顔なんだろう」「なぜこんなすごいことを成し遂げられるんだろう」 「何を大事にしてるんだろう」「こんな人になりたいな」と思ったら、その人の話を聞いたり、 本を読んでみると生き方のヒントに気づくと思います。 そして、共通する「核心」が見えてくるでしょう。 人は人と関わることで、新しい経験をし、あらゆる価値観を壊しては作り上げ、大きくなっていくのだと思います。 自分の未来に制限はない。人とつながりながら、唯一無二の自分の人生、そのストーリーを自由に作っていこう。

推薦図書