読書検定委員

読書検定委員とは、ビジネスエグゼクティブキャリアカンファレンス株式会社が選定した委員。
尊敬できる先輩(簡単には歩むことが出来ない道を歩まれた方)に、その人生の中で影響を受けた本を推薦していただきました。

田中 和彦

略歴

高校
大分県立別府鶴見丘高等学校
大学
一橋大学社会学部
会社
キネマ旬報社(元代表取締役)



軌跡

推薦者コメント

とにかく最高のナイスガイです!私が知っている彼の略歴を記します。 本との最高の出会いがあったと思います。 リクルート転職情報誌『週刊ビーイング』『就職ジャーナル』など4誌の編集長を歴任。 ギャガ・コミュニケーションズ/バイスプレジデント。 クリーク・アンド・リバー社/執行役員。 キネマ旬報社/代表取締役。 現在、企業の人材採用・教育研修・モチベーション戦略などをテーマにコンサルティングを展開する株式会社プラネットファイブ代表取締役。 プロデュース映画『受験のシンデレラ』(和田秀樹監督)モナコ国際映画祭でグランプリ受賞。

本人コメント

本は、自分自身を自由自在にどこへでも連れて行ってくれる魔法のような存在です。過去にも未来にも、世界中のあらゆる場所にも、時には月や火星にも行くことができます。時間的に、そして空間的に。あなたの行きたい場所や時間に一気にワープできるのです。 はるか昔に死んだ人との対話も可能になります。                                                          僕は、そんな本たちとの出会いによって、見知らぬ世界をどんどん見ていきました。 自分のいる世界は、ちっぽけな世界です。 自分のいない世界のほうがはるかに大きいことを本は教えてくれます。 ぜひ、あなたも本によって世界を広げてほしいと思います。

未来へのメッセージ

未来には限りない可能性があります。 自分の可能性を信じて前に進んでほしいと思います。 あきらめてしまったら、可能性はゼロになります。 たとえ可能性が、0.00…1%でも、あきらめなければ、ゼロになることはありません。 ゼロと0.00..........1%の差は、無限大の差です。 未来の可能性を信じてほしいと思います。

推薦図書